「新任」で教師を辞めるって【実は知らないことがある】

ティーチャーズ

「新任」で教師を辞めるって【実は知らないことがある】

新任教員でしんどくなって、教師をやめちゃう人。

 

A子
覚悟はしてたけど。。ほんとに疲れる。

 

一年目では実はいいことがあまり見えません。

 

せっかく先生になれたのに。。今では生徒の発言にびくびくしちゃう。
B美

 

そうですよね。

 

でも、教師になるまでの道のりは、決して平たんではなかったはずです。

免許状を取るのに、お金も時間もかかったはず。

それだけ、勉強時間も費やしたはずです。

これまで真面目にやってきたのに、子どもには軽口を言われたり、他の先生にも気を遣う。

前向きになれない。

 

辞めようかなあって思ったとき。

 

もう一度だけ、ちょっと「考えてみる&知らないことを知る」時間をとってみることをおすすめします。

 

 

「新任」で教師をやめる前に【実は知らないことがある】

「新任」で教師をやめる前に【実は知らないことがある】

憧れと理想を抱いて念願の教壇に立つことが叶った。

 

でも、現実は、思い描いていた理想とかけ離れたものだった。

 

新任で教壇に立つと、毎日の授業でてんやわんや。

さらに、わからない用語も飛び交う職員室。

 

生徒からの質問にも、はっきり明確に答えられない。

徐々に、肩身が狭い思いをしていっている感じ。

 

でも、日々の授業は止まらない。

ほかの先生からも、毎日指摘される。

そして少しずつ、教壇に立つことを苦痛に感じる。

 

こんな日々がいつまで続くんだろう。

もう、いっそのこと辞めていしまいたい。

 

という気持ちになることがあります。

 

〈あわせて読みたい〉

【もう辞めたい。。】新任教員の「悩み」解決策は?【1学期がつらい】
【もう辞めたい。。】新任教員の「悩み」解決策は?

B美ついに学校の先生になった。 夢を追いかけ、学生時代からずっと勉強してきた。   で、実際現場に入ってみると。   B美なに?こんなに気をつかうことが多いの?思ってたのとちがう。 ...

続きを見る

 

この時、じつは「教師生命がかかった分岐地点」に立っています。

 

 

辞めることをすすめる人もいますし、

もう少し続けるようにすすめる人もいます。

 

ぼくは、どちらともすすめません。

 

自分が決めるしかない、と思っています。

 

でも、新任だからこそ、わからないことも多いだろうと思っています。

だから「知らないだろう」と思うことだけは、伝えようと思います。

 

 

〈読まれてます〉

せっかくだから「教員免許状」を生かしたはたらき方を探したいという方向けの記事です。

>>「教師辞めたい」ときの働き方【教員免許状を生かす】サンタnote

「教師はきっぱり辞める」と決めている人には必要無い内容です。

 

 

新卒・新任教師で多いパターン

新卒・新任教師で多いパターン

初めての学校現場では、わからないことが多いのは当然です。

 

わからないことは、「誰かに聞いて教えてもらう」か、「自分で調べていく」しかありません。

それは、当たり前なのですが、

あまりにもわからないことが多すぎると、生徒から「何も知らない人」と思われ軽く見られてしまいます。

 

新任の先生が、知識や経験が乏しいことは、仕方ないことです。

それは、生徒たちもわかっています。

 

ただ、そこに「自分があるか」どうかは重要です。
学校のことについては、多少詳しくなくても、

確固たる「自分の意志や考え方」があれば、生徒もついてくるはず。

 

自分を押し曲げてまで、人の意見に迎合したり、意見を変えてしまったりする必要はないでしょう。

 

わからないからと言って、自分の考えをゼロにして、受け売りの意見をオウムのように口に出すようでは心もとない。

 

自分が教えている「教科」のことを、他の誰よりも「好きだ」と言えるか。

自分がやっている「部活」のことを、自分が一番、真剣に考えているか。

 

など、自分を貫く場面というのは、意外とあります。

「自分」を持つと他人からの見られ方が変化するのです。

 

 

「教師」と「民間職」の大きなちがい

民間企業と教員の違いは何でしょう。

これは、どちらも経験した人でないとわからないかも知れません。

大きな違いのひとつと言えるのが、「待遇」などの、その仕事の「オプション」とも言える部分です。

 

サンタ
「オプション」と言えども、わしはこれが「超重要」じゃと思っちょるんじゃ。

 

 

「福利厚生」と「休暇制度」について調べたことはあるでしょうか。

これが、実に教師の場合は充実しています。

 

教師がもっとも恵まれているのは、ズバリ「待遇」にあります。

 

企業の場合、大企業になればなるほど「待遇」が良くなります。

会社独自の優待制度有り、有給取得も自由、テレワーク、リモートオフィス、保養施設、賄い付き、自由のきく経費、株主配当、退職金などなど。

多くの「優遇」があるのが、大企業の恵まれた「待遇制度」です。

 

さて、教師は、公務員だとすると大企業の部類です。

数多くの優遇制度に恵まれています。

(これは実際に調べてみないと書ききれないほどです。細かいものまであげるときりがありません。)

さらに、恵まれた休暇制度。

これについても、夏季休暇、冬期休暇等とひとくくりにできないほど、充実しています。

 

 

教師は一定「守られている」

教師は一定「守られている」

民間と給与ベースの歩調が合わされています。

でも「福利厚生」や「休暇制度」は、サラリーマンとは違います。

 

10年ほど従事して辞めるなら、ある程度は、全体像が見えてから退職を考えていることでしょう。

「もったいない」と感じることもあまりありません。

 

でも、新任だと見えていないどころか、「知らないこと」だらけだと思います。

目の前の業務を回すことに必死になりがちですが、一度「教員」の待遇について調べてみるといいでしょう。

 

「守られている」ことは、比較してみないとわからないものです。

会社勤めの友人と教師の自分を比較してみると、その違いがよくわかるでしょう。

 

 

公務員は「休暇制度」が最強

公務員は「休暇制度」が最強

仮に、公立学校の教師なら「公務員」となります。

「公務員」は休暇制度が実に充実しています。

 

サンタ
ここで一つ一つ説明するより、すでに上手にまとめてあるサイトがあるので、いくつかリンクを貼っておきますわい。

 

新人でも有給20日!恵まれすぎてる公務員の休暇制度 財テク公務員ブログより

サンタ
「休暇が多い」こともすごいけど、「休みが取りやすい」ことが大きい。

 

教職員の休暇 学校管理職試験研修所より

「特別休暇」制度ってこんなにあるのか?!
サンタ

 

知らないと損!公務員の休暇休業制度【若手公務員の方向け】NORIラボより

 

サンタ
わしも知らん。。使ったことない休暇制度がよーけあるのお。

 

 

「新任」で教師をやめる前に【実は知らないことがある】 まとめ

「新任」で教師をやめる前に【実は知らないことがある】 まとめ

新任の先生は、「1年目の壁」が訪れます。

授業や、業務、生徒とのコミュニケーションに追われまくり。

 

「自分の理想の教師像と違う。」という思いに陥ることがあります。

そんなときほど、いったん立ち止まって周りをよくみたい所です。

 

 

教師の仕事と民間企業の仕事。

 

どちらも経験したことがある人は不思議と

「先に就いた方」に、辛かった経験を強くもってしまうようです。

 

「教師→民間」と、早々に転職した人ならば、

A子
教師なんか二度としたくない。

 

となり、

 

逆に、「民間→教師」と転職した人は、

C助
民間はほんと、辛いことだらけ。

 

と思う傾向があるようです。

前職でよほど「辛い思いをした」なら、そう思うことも仕方ない。

 

 

新任の方々は、せっかく勉強して、やっと教師になったがんばり屋の「先生」でしょう。

それを、「たった1年」で見切りをつけて辞めてしまう。

しかも、一度教職の道を離れると、もう「教師」に戻ることは、ほぼ無くなります。

サンタ
たまに、「教師→民間企業→教師」というツワモノ先生もいますが。

 

助言できるとしたら、ひとつの原因は「マインドセット」が十分にできていなかった所もあるかも知れません。

 

〈教師のマインドセットとは…〉

教師になりたい【教員免許状よりも前に必要なもの】教採合格への道
教師になりたい【教員免許状よりも前に必要なもの】

ぼくは、学校の先生になりたい。そのためには、教員免許を取って、採用試験に合格すればいいんだね。C助     スポッとベアーそう。それで学校の先生になれる。流れはシンプル。でも教員採用試験合格 ...

続きを見る

 

1年の途中でもマインドセットは可能です。

「マインドセット」は大事な準備なのです。

 

 

新任の1年目はつらくて、大変です。

だから、一旦落ち着いて、少し視野を広げて、自分の仕事をリサーチし、教師という職の「オプション」にも目を向けてみてはどうでしょう。

 

「嘆き」の感情を「幸せだなあ」という感情に変えると、もしかしたら、ちがう世界が見えてくるかも知れません。
サンタ

 

辞めるのは、教師の「オプション」をよく知ってから、改めて「判断」してみてはいかがでしょうか。

 

〈あわせて読みたい〉

30代で「教師うんざり」なときに考えること【辞めて民間転職できるか】
30代で「教師うんざり」なときに考えること

E吉もー教師うんざり。できれば辞めたい。。でもせっかく公務員だしなぁ。どうしよう。。   公立学校の先生は 「仕事が嫌になったからと言ってすぐに辞める。」 という決断がなかなかしにくいです。 ...

続きを見る

 

おしまい

-ティーチャーズ
-, ,

Copyright© バズ☆ティーチャーズ , 2021 All Rights Reserved.