運営者情報

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

運営者のサンタです。

 

※当サイトの「記事カテゴリー」は内容にかかわらず「ティーチャーズ」に一本化しております。

 

以下、運営者の自己紹介です。

 

 

◆運営者

 

サンタ

 サンタ

twitter @buzzteachers

 

修行に、より深化することにしたので、

先日、アイコンを変えました。

 

◆出 身

山口県出身

 

 

◆さいごの学び

2008年 M.A. 大学院前期博士課程(学校教育学修士)修了

 

サンタ
主な専攻は、教育・人文学・日本語教育です。

 

 

◆所 属

日本教師教育学会

 

 

◆取 得

・中学、高校教員専修免許状

・特別支援学校二種免許状

・日本語教師養成講座修了

・学校図書館司書教諭

・Photoshop検定2級、illustrator検定3級(現:クリエイター能力認定試験)

・車とバイクの普通免許 ※バイクは主に海外で乗る

 

 

◆特技・好み

・目的ある読書 だらだら読みは好かん

・良運を好む 縁起いいものを好む

・レモン風味のパクチーチャーハン

・研究を重ねたインド風チャイ

・魚料理 おろすのも好き

・自然とたわむれる

・たまに書道

・和の風流

・岩風呂

・温泉

・旅

 

 

◆これまでの修行

経歴です。

 

→大学では外国語学部へ入学

20代は旅リーマン生活。何度か単独海外貧乏旅行へ出かける。

大学卒業後、3回の転職を経験し、教師の道へ。

学びにつながることを好む。

 

サンタの旅

サンタ 旅ルートの一部

インド、中国、タイ、ラオス、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、オーストラリア、ハワイ、香港と、10の国と地域を訪れました。

 

次の訪問予定先は、マレーシアです。

 

インドで誰にもたよらず 単独ホームステイしてみた結果
誰にもたよらずインドで単独ホームステイする方法とその結果【1990年代の話】

業者も通さずにインドでホームステイって。ちょっと怖くない?D作   サンタ相手がどんな人かわからんけんな。その見極めはいるんじゃけど。単独ホームステイは、「インドやからできる」ことでもあるか ...

続きを見る

ラオスのメコン川をスローボートで行く
【グーグルマップに無い】メコン川をスローボートで旅してみた【ラオス1990年代】

「悠久」という言葉がよく似合う。 メコン川。   茶色く濁った川には、 茶色い川の美しさがある。   メコン川に行ってみたい、と思って本も買った。 読んでいるだけで、わくわくする。 ...

続きを見る

 

→家電量販店 OA機器担当

入社から2年後、自作PCが完成する頃に退職。

 

かねてから興味があったグラフィックデザインの道へ

→広告代理店 DTPデザイナー

広告代理店でデザイナーとして、鬼作業、メンタルもボロボロになる頃、退職。

 

その後、フードチェーンの会社からお声をいただき、

→フードチェーン店本社 販売促進部

1年ほど、チラシ、メニュー、Webや店舗デザインなどの媒体を1人でせっせと手掛けていました。

 

 

仕事に追われる日々を過ごすうちに、

サンタ
あ~。久しぶりに本が読みたい。読み漁りたい。

と、「インプット欲求」が募り、退職。

 

→大学院へ進学する

講師をしながら生計を立てつつ、

修士課程修了後、教員採用試験を受験し、

 

→教師になる

という経歴の持ち主です。

 

なんだか。ばらばらの職種じゃん。。
C助

 

と思われますが、個人的には一貫しています。

大企業、中小企業、派遣社員、いろいろな形での仕事を経験し、大学へもどり、教員の道へ進む、という経歴に一貫しているのは「経験による学び」です。

 

 

行動選択のときは、「学びにつながること」を好んで選択します。

「したことない」ならやってみよう。

「見たことない」なら見てみよう。

「行ったことない」なら歩いてみよう。

「会ったことない」のに決めつけない。

自分でやってから考えよう。

というタイプです。
サンタ

 

今の自分が持っていない「知識・経験」を求め、そこから「学ぶ」ことを業(わざ)としています。

 

モットーは

「足(旅)に学び、教えて学び、アウトプット(表現)により学ぶ」

 

 

ただ、かっこよくスマートに学んだと思うような経験はまったくありません。

いつもどろくさく、雑草根性で、学んでいます。

 

 

して、教師の仕事は。

サンタ
まさに。魂と心を削りながら、やっています。。

 

これだけ心身をささげて、やっているんだから。

そして、こんな時代だから。

「世界の未来を作るための、重要使命のある仕事」だと考えています。

 

 

「教員免許」と「日本語教師」は大学時代に取得しました。

して、アラサー時代は、「教員採用試験」を夏の風物詩のごとく受験しました。

一目でわかる「教員免許」取得のメリットとデメリット
【ひと目でわかる】「教員免許」取得のメリットとデメリット

B美大学1回生 今年から大学に入学。まだ教師になるかどうかわからないけど、「教員免許状」って取っといた方がいいんですか?   2回生の先輩 教職課程を取るか、迷ってるんだね? 取ると、履修の ...

続きを見る

 

 

教員採用試験を「最適化する」ことについて熟慮した結果、

7回受験のうち、6回は一次試験から受験し、そのうちの3度合格。

 

 

教職を目指す大学生に向けて「教育実習事前指導」で指導した経験もあります。

 

 

教員としては、

これまでに、中学校・特別支援学校・児童自立支援施設で勤務。

特別支援コーディネーター、教科主任、生徒指導主事、教務主任等の校務分掌を歴任してきました。

【実はシンプル】「教務主任」って何するの?【はじめての教務主任】
【実はシンプル】「教務主任」って何するの?【はじめての教務主任】

こんにちは。 サンタです。   スポッとベアー「教務主任」を打診されたけど、いったい何をすればいいの?   教務主任は、 「校長の監督を受け、教育計画の立案その他の教務に関する事項 ...

続きを見る

 

記事の内容は、自分の経験がベースです。

 

基本的には、ものごとを「シンプルに」考える傾向があります。

自分の経験が、少しでもみなさんに役立つ材料になれば幸いです。

 

 

道はすなわち高し。美し。約なり。近なり。

「道」の選択肢は「高大」でかつ「美しく」、また「簡約」で「身近」なものという意。

「道」は、親しむべき、わが身のそばにあるものです。

 

多くは、日常とかけ離れたものと考えがちですが。

「道」は、しごく「日常的・生活的」なものなのです。

 

「向かい風」のときは、曲がるか、方向を変えて走ると「追い風」に。

そう、

「自分の道に、親しむ日々を」

 

◇当サイトはあなたの、教師ライフを応援しています。

◇すべて完全無料公開です。

◇全ページリンク・コメントフリーです。ご自由にどうぞ。

◇勧誘や営業などは一切しません。気軽にごらんください。

 

◆「引用」を掲載される場合は、引用タグを使用し、必ず引用元「バズ☆ティーチャーズ」を明記してください。また、引用部分の改編はご遠慮ください。

◆リンクは、トップページのURLでも、記事ページでもどちらでも結構です。

 

ご質問や要望は、下記メールか、お問い合わせフォーム、またはTwitterDMからお願いします。

 

サンタ twitter→ @buzzteachers

お問い合わせ→ お問い合わせフォーム

サイトマップ→ サイトマップ

プライバシーポリシー→ プライバシーポリシー

 

 

まだまだ修行中の身です。

自己紹介をご挨拶とさせていただきます。

 

 

◆これからの修行

長いスパンでものごとをとらえよう。

10年、20年先の未来に役立つことができるといい。

 

 

◆座右の銘

人間万事塞翁が馬

(何が不幸で何が幸せかわからんもんじゃから勝手に決めつけないで)

 

一歩あるけば、一歩成長

(たとえ目的地がないときでも、一歩でも歩みを進めよう)

 

経験は最高の師なり

(そして経験、経験は最高のティーチャーじゃ)

 

 

◆メールアドレス

 info★buzzteachers.com

★を@に変えて送信してください。

Copyright© バズ☆ティーチャーズ , 2022 All Rights Reserved.