教師の30代でほぼ「人生」が決まる理由【この10年間に考えること】

ティーチャーズ

教師の30代でほぼ「人生」が決まる理由【この10年間に考えること】

忙しいんですよ。教師の30代って。
C助

 

B美
授業やクラスを見ながら、子育てもあるし。

 

日々の生活を無事送るのに必死なんだけど。。
D作

 

サンタ
そう。30代って大人でも泣きそうなくらい忙しい時期。家に帰っても目の前で子どもが泣いている。でも、そんな時でも、気にした方がいいことをまとめてみました。

 

目の前のことに追われてわからない。

30代の10年間とは。

 

考えることが多い年代。

でも、考える価値ある年代。

 

 

 

教師の30代でほぼ「人生」が決まる理由【この10年間に考えること】

ついに自分が主人公になる年

教師の30代でほぼ「人生」が決まる理由【この10年間に考えること】

20代までは…

・20代のときは、上司や周りの人に気を遣いながらやりくり。

・20代までは、経験不足もあって、「人に教わる」ことも多い。

・20代は、学校や会社のような組織に入って、仕事をする経験がまだ浅い。

・そして、20代はどちらかと言うと、まだ学生気分よりの人も多いです。

・「生きていくための使命」と考えて、自分の仕事をする20代は少ないです。

・「お金を稼ぐ」とりあえずそのために、「仕事をしている」といった感があります。

 

 

30代からは、仕事もプライベートも「自分の考え」で行動できることが増えてきます。

 

自分が主役になるのが、30才を越えてからです。

 

これまでの失敗経験や、社会人として教わって来たことが生かされるのが、30代なのです。

 

家庭生活でも、結婚している人は子どもが生まれたりして、家族経営についても考えていかなければなりません。

 

 

教師としての30代

「自分が学びつつも他の先生に教えたり、質問されたりする」そんな年齢です。

 

家庭生活も慌ただしくなりますが、職場でも自分のまわりが慌ただしくなってきます。

 

サンタ
やっと自分の思っていた教育実践が進められるぞ。でも何じゃか慌ただしい。。

 

 

「講師」も「教諭」もあまり関係ありません。

 

「講師」だとしても、30代ともなれば、人に教えられることが出来てきます

また内容によっては、自分より「目上の人に教える」立場になることもあります。

 

 

教える人になると…

「教えられる人」は、「教えてくれる」その人に、必ず「敬意」を持って話を聞くのが普通です。

ついに、聞いてもらえるようになるわけです。

 

「人に教える立場」であるときは、「年齢」や「役職」などの立場はあまり関係ありません。

 

30代は、「経験」プラス持ち前の「ひらめき」や「直観」がさえてきて、ようやく自分の仕事ができるようになります。

 

やっと自分が主役になって行動できる。

そんな時期がやってくるのがこの年代。

 

どんなことを考えて、行動できるかが、この先の勝負の分かれ道です。

これは、教師だけでなく、社会人としても同じです。

 

30代の皆さん、いよいよ「主役」

 

「自分で考えて、適切に行動する。」

これが何よりも重要で、いよいよそれができる年代になったのです。

 

 

サンタ
自由に飛び回って暴れ回ったらいいと思います。

 

Anker Magnetic Cable Holder マグネット式 ケーブルホルダー (ブルー)

ケーブルの先がまとめられてすっきり。

 

 

「描いた理想」と「目の前の現実」のギャップ

「描いた理想」と「目の前の現実」のギャップ

学生時代に思い描いていた理想像。

 

それと、大人になった現実との「ギャップ」が見えてくるのもこの時期です。

 

C助
将来は、教師として子どものためにバリバリ働きたい。

 

子どものことを第一に考えて、子どもの力を最大限まで伸ばそう!
D作

 

A子
大学生までは、年をとるたびに、美しくカッコよく、賢くなってきた。この先も、まだまだ素晴らしい自分になって行ける気がするわ。

 

そんな理想を描いて、教壇に立った人も多いはず。

しかし、現実は、どうでしょうか。

 

 

思った通り、のびのび、バリバリ働けているぞ。
C助

という人には、何も言うことがありません。

こんな人は…

まさに、天職でしょう。

このまま仕事上では、自分の理想を求め、貫いて行きましょう。

 

 

D作
子どものことが好きで、子どもの力を伸ばすために教師になったけど。。言う事きかないし、反抗してくるし、全然かわいいと思えない。。仕事も多いし、さばききれない。

これが「理想と現実のギャップ」のパターンです。

 

教育現場は、自分の思い通りにものごとが進まないことが多いです。

それは…

「人間が相手だから」です。

 

子どもも大人もすべて「人間」

学校の中には基本的に「人間」しかいません。

人が作ったもの(教材)を人に提示して、力を伸ばす。そんな空間です。

 

学校という空っぽの箱の中に、「人」が詰めこまれて、その中で教育活動を展開するのです。

 

教師という「人」が、空っぽの場所に、何をどう準備して、提示し、活動を展開していくか。

これが肝になります。

 

それが上手くできないと、自分の描く理想像とは離れたものになります。

そのために、目の前の子どもの力を適切に分析し、指導要領に則し、適度な高さのハードルを作って行かなければなりません。

 

そこが見えないままだと、「思ってたのとちがう」と感じてしまいます。

そして、徐々に理想と現実のギャップが広がってきます。

 

「現実ギャップ」は相手が生み出しているものではなく、「自分が作り出しているもの」です。

そう考えることで、前向きな方策が練りだしやすいです。

 

〈あわせて読みたい〉

30代で「教師うんざり」なときに考えること【辞めて民間転職できるか】
30代で「教師うんざり」なときに考えること

E吉もー教師うんざり。できれば辞めたい。。でもせっかく公務員だしなぁ。どうしよう。。   公立学校の先生は 「仕事が嫌になったからと言ってすぐに辞める。」 という決断がなかなかしにくいです。 ...

続きを見る

 

 

さらに

若い学生時代までは、何もしなくても人が寄ってきてくれてたけど。30代になってからは、あまり人に相手にされないわ。。自分が成長できているのかも、不安になって来たわ。
A子

 

このパターンの人は…

若さだけで、勢いだけで進んできたパターンの人の現実ギャップです。

 

若い頃は、周りの人から、ちやほやされ、「教えてあげよう」と思う人も多いです。

 

ところが、30代になると、自分が「人に与える」年代になります。

そんな時、自分の言葉がどれだけ周りの人に届くだろうか。

 

A子
自分の言ってることが、相手に響いてない気がする。経験不足だからかな。。

20代で若さに頼って、その瞬間ごとの勢いに任せ「受け身だった人」が陥りやすい現実ギャップなのです。

 

 

 

 

「自分が主役になる30代」が空回りしていると感じるときは

思っていたよりも、今が空回りしてると感じるとき。

現実ギャップを、素直に受け入れて、「自分の立場でできること」を丁寧にやりこなしていくしかありません。

 

地道な行動には、必ず転機が訪れます。

 

ある日、急にスーパーマンに変身するようなことを夢みず、理想を追い求めすぎず、地道な「今」に目を向けること。

30代は、大きな土台作りになる年代です。

 

それが、次の40代のステップに立ったときに、生きてくるのです。

 

 

 

 

「真面目」よりも「パイオニア精神」

「真面目」よりも「パイオニア精神」

地道な「今」に目を向ける、と言いました。

しかし、それは「力を蓄えるため」の手段です。

 

ポイント

力を蓄えたら → 反動を生かして、力を発動させる

 

蓄えた力は、発揮しなければもったいない。

 

 

今まで、「真面目」できっちりやってきた人。

その殻を打ち破って、自分の目指すものを打ち出してみるのも、30代には必要なことです。

 

そんな力を発揮するために必要なのが、「パイオニア精神」です。

「新しいものを開拓する」という気持ちが必要になります。

 

与えられたジョブだけを、「こなし仕事」でさばくことも、忙しい時には必要でしょう。

 

ただ、根本には「パイオニア魂」を持っておくこと。

 

真面目教師で収まると、自分の感性にフタをしてしまうことになります。

自分の感性を伸ばさなければ、自分が教師をしている意味がありません。

 

教育現場で、「新たな活動」をしようとすると、それには多大なエネルギーが必要となります。

すぐに何かを始めようと考えなくてもかまいません。

 

「タイミング」と「ひらめき」が生まれたときのために、行動に移す準備をしておくことです。

 

そう。

「心の準備」です。

 

どんな取り組みをするにせよ、「心の準備」ができていないとアクションは生まれません。

直観が生まれた時、すぐアクションできるように、日ごろから「パイオニア」たる「心の準備」をしておくと良いものが生まれるはずです。

 

 

「パイオニアアクション」の時に必要なこと

具体的なアクションを起こすときに、ひとつ大事なことがあります。

 

パイオニア精神の根っこには、「利他ベース」とする気持ちを持っておくことです。

 

サンタ
利他ベースとは、「利己的であってはならん」っちゅうことです。

 

新たなものを作ろうとするときに、「自分」を中心に考えては、ものごとは長続きしません。

 

「自分」の利益や、「自分」のためであるものは、真のパイオニア精神とは言えません。

 

「利他の心」とは、人のために何かをする心です。

 

誰かのことを考えてやろうとすることは、応援者もできるので、良い気流が生まれてきます。

結果、上昇気流に乗り、思っても見なかったことができるようになったりもします。

 

パイオニア精神は、「長期的な視点」でものを見るべきです。

そのためにも、利己心は排除して、利他ベース、誰かの利益を目指していくことを心がけましょう。

 

サンタ
「愛される ことに喜ぶ20代 愛す喜び 知る30代」なのじゃ。

 

 

 

「自分時間」をどれだけ作れるか

「自分時間」をどれだけ作れるか

家庭生活の安定。

自身の出世や身上状態。

 

人によっては、30代が人生の中で、もっとも多忙かもしれません。

 

〈あわせて読みたい〉

「教師」の「出世」が難しい理由【出世に有利な資格】
「教師」の「出世」が難しい理由【出世に有利な資格は】

「教師」になったら出世したいんだよね。E吉   スポッとベアー「教師」の出世は、ある意味「簡単」で、ある意味「難しい」で。   「簡単」だけど、「難しい」??どういう意味だ??E吉 ...

続きを見る

 

サンタ
わしも30代の時、朝から保育園に子どもを送り、そのまま出勤、授業しとった。しかも、教材研究のストックも無く。異動直後で、クラスは誰も持ち手の無かったであろう3年生。。持った瞬間に今までにない崩壊クラス。ほんの数か月の間に家庭裁判所にまで。。。

 

30代で迫ってくる多忙な日々。

 

教師にとって「生徒指導」は、業務の中でもっとも時間がかかるもの(ときに悪夢かも)と感じています。

指導内容にもよりますが、30代は生徒指導に時間をとられてしまうことが多いです。

 

まじでやばい生徒指導…

ただでさえ、クラスのことも忙しいのに。

教材研究や、校務分掌、部活指導もあるのに。

さらに、2~3時間の生徒指導が続く日々。

もう授業どころじゃなくなります。

 

帰宅後、プライベートの時間まで、指導のことで頭がいっぱい。

 

シャワーを浴びようと目を閉じた瞬間、生徒指導の残りが……ブワーっと浮かんでくるんじゃ。一日で終わる指導じゃったら、ええが。長期的な指導は心も体もボロボロなんじゃ。
サンタ

 

生徒指導については、たくさんしてきました。

本来ならば、ここに書き伝えたいことも山ほどあります。皆さんに、ドン引きされるようなことも。。数え切れません。

 

貴重な30代の時間。

自分は、それに時間をたくさん費やしてきたと思います。。

 

サンタ
できるならば、時間を返して欲しい。。

 

時間を食う生徒指導は、たいていは内容が醜悪な傾向があります。

ただ、最低限必要な生徒指導はしなければなりません。

 

サンタ
わしのやってきた生徒指導は、必要最低限じゃったんじゃろうか。。

 

生徒指導は場合によっては、非常に「時間を食べる生き物」です。

本当に最低限度にとどめて進めないと、「時間」がいくらあっても足りなくなります。

 

 

魔物から逃れ「自分時間を確保する」ために

このことは、教師のみなさんにとってとても大事なことです。

生徒指導という「魔物」に襲われず自分時間を確保すること。

 

それは、自分自身にとっても、家族にとっても必要な時間です。

 

うまくバランスを取りながら、自分を高められるように、「自分時間」を確保してください。

毎日、ほんの30分でもいいと思います。

自分時間がないと、何も生み出すことはできません。

 

自分時間を生み出すには…

・電車などの移動時間を有効につかう

聞きながらの「耳学問」、移動中の読書など。

・待ち時間を有効につかう

待ち時間は必ず読書。

・朝活を取り入れる

皆が寝ている時間が一番の自分時間。

思考力もキープできる。朝4時~6時はゴールデンタイム。

・飲み活を減らす

飲みに行っている時間が一番もったいない。

その時間に生み出せるものがある。

・洗濯物たたみや調理の時間の耳学問

単調な作業の時間に作業しかしないのはもったいない。

その他、有効な時間活用の業があれば、教えてください。
サンタ

 

 

「パイオニア精神」のためにも、自分時間の確保は必須です。

心に余裕があってこそ、仕事がまっとうに勤まりだすのです。

 

 

「お金」のことも知るべし

「お金」のことも知るべし

30代は、あと20年~30年ほど働ける人材です。

「30年」と聞くと長い気もしますが、あっという間に年を経るので、働ける期間は、「20年」「15年」と減っていきます。

 

教師の仕事は、安定していることが多いです。

公務員であれば、社会的信用度もあるので、ローンなども通りやすく、「お金」について深く考える機会がないかも知れません。

 

それが「もったいない」のです。

20代よりも給与が少しずつ増えてきた。

でも、子どもの教育費や、住宅ローンもある。

 

日々のやりくりばかりに目が行っちゃう。
B美

 

ほとんどの人がそんな状態かも知れません。

 

 

家事育児仕事と多忙な日々を送る30代ですが、「お金」のことを考えるのも、30代がベストな時期だと考えています。

教師の30代でお金について考えるのがいい理由は、まだまだ「長期的なスパン」でお金について試算できるからです。

 

30代だと、20年~30年という年月の中で、資産について考えられるのです。

 

資産形成のために最低限

・住宅ローン控除

・医療費控除

 

普通、住宅ローン控除は、不動産屋さんが事務手続きを効率的に進めてくれます。

 

サンタ
不動産屋にまかせっきりにしていませんか。

不動産屋に任せていれば、順調にことは進みます。

 

ただ、内容については理解していることが必要でしょう。

「新築物件」と「中古住宅」で、住宅ローン控除の「適用条件」に違いがあります。

 

親切な不動産屋なら、親身になって手ほどきしてくれるかも知れません。

でも、儲け優先で考える業者だったら、そんなこと教えてくれないこともあります。

 

お金のことは基本的には、「自分で学ぶ」ことがベースになります。

 

「医療費控除」についても同様です。

A子
年間10万円以上の医療費を使ったら、課税所得から控除できるんでしょ?

その通りです。

 

概要はそうですが、内容はどれだけ知っているでしょうか。

医療費控除の内容は…

「扶養家族の入院費用」も、「針灸マッサージ費」も、「不妊治療」や、「花粉症治療」、「処方箋のあるメガネ、コンタクトレンズ」、「通院にかかる交通費」、「保険適用外の歯の治療」、「介護費用」、「松葉づえ購入費」、「出産費用」や、「定期健診費用(※人間ドックは除く)」まで、すべて医療費控除の対象になります。

もっと言えば、ドラッグストアで買ったサロンパスや風邪薬なんかも含まれます。

 

わりと細かいものまで含まれております。
スポッとベアー

 

そんなことは、わざわざ誰も教えてくれません。

自分で調べて学ぶしかないのです。

 

サンタ
そんなことを気にする年齢が30代なんじゃよ。気にせず通りすぎるのは、複数年で見るともったいないことなんです。

 

 

倹約だけが「お金」を考えることではない

節約すべきは倹約して、逆に、「使うべきところには惜しまず投資」する。

それもまた、意識しておくべきことです。

 

特に、「読書」にはお金を惜しまず投資するべきです。

 

上手く生きている30代は、投資するべきところのお金を惜しまないという共通点があります。

時には、「立ち読み」で済まして、倹約生活することもやりくりには必要なことです。

 

しかし、他の人と差がつく30代はお金を惜しまず、本を購入します。

ぼくのブログでもおすすめの本をたくさん紹介していますが、内容が保証できるものだけを取り上げています。

 

サンタ
良書にふれて、色々なものの見方を磨いてほしいと願っています。

 

何のために購入するのか…

内容をすべて自分のものにするためです。

 

本を購入する人は、必要な内容をポイントをおさえて把握しようとします。

 

内容を自分のものにするとは…

◎大事なところには、マーカーで線を引き。

◎気に入ったフレーズには付箋をはり、またすぐ見られるようにします。

◎◎そして、内容を「他の人に伝えよう」とする、プレゼンテーションまでするのです。

◎◎そうすることで、自分自身を「プロデュース」することにつながるのです。

◎◎さらに、「本当にいい本だ」と感じた本は、気の合う人にプレゼントしたりもします。

 

上手く過ごしている人たちは、それほど本には、身銭を惜しまない傾向があります。

 

投資すべきものには、適切にお金をつかうことが望ましいことでしょう。

 

 

 

教師の30代は「人生」が決まるワケ【この10年間が勝負】まとめ

教師の30代は「人生」が決まるワケ【この10年間が勝負】まとめ

教師の30代は多忙の極みだと思います。

6時半に学校行って、19時か20時頃まで部活で学校にいました。

 

何回か目が覚めない日もありました。。

電車に座ると寝てしまうので、立ったまま乗る日々でした。

やり過ぎでした。

 

サンタ
仕事がとても下手くそでした。

 

 

〈目が回るほど多忙な先生のために〉

【教師の仕事術】仕事にふりまわされないスキル
人には言わない「教師の仕事術」8のスキル【多忙脱出法】

これから教師になっていく人、 いま教師として頑張っている人、 教師になろうか迷っている人、 教師じゃないけど、仕事で忙しい日々を送っている人。   ”仕事にふりまわされない方法”はありますか ...

続きを見る

 

脇役生活だったと思ったら、急に「自分主人公」に押し上げられ。

勢いで生きてきた20代だったので、そこからの「現実ギャップ」にも苦しみ。

「自分時間」も魔物に奪われてしまいました。

「お金」について知ろうと思ったときには、もう40代。

残り時間の少なさも感じます。

 

30代で取り組めば早い方です。

30代で考えるのはまったく遅くありません。

 

そして40代の人でも、今の実生活をゆっくり眺め、考えてみるには遅くはありません。

 

始めるのに、今日が一番「若い日」です。
サンタ

 

今から10年後を見据えて、物事を考えること、をおすすめします。

 

〈あわせて読みたい〉

「自然出世」していく先生の特徴
「自然出世」していく先生の特徴

出世する先生ってどんな先生?D作   サンタ教師の出世は「自然出世」の道が多いけえ。自然出世の街道を走っていけば昇進すると思うんじゃ。   自分で望んでもなれないの?D作 &nbs ...

続きを見る

おしまい

-ティーチャーズ
-, , ,

Copyright© バズ☆ティーチャーズ , 2021 All Rights Reserved.